« 米ドル資産が多すぎる | トップページ | 輸入再開 »

2006.05.30

不透明

ミカエル・クラウィッター氏の発言(29日)
  ドレスナー・クラインオート・ワッサースタイン
    
(ドレスナー銀行系投資銀行)

  為替ストラテジスト

  場 所  フランクフルト在勤
  要 件  テレビインタビュー
        「米ドル、ユーロや円相場について」

(発言概要)

 中期的に円やユーロは買いだ。さらに言えば、米ドル以外の通貨なら買うべきだ。
 ただ、向こう6週間にわたり、円相場の不透明感は高い。

 その理由は単純に、
     日本銀行がいつゼロ金利政策をやめるのか

という疑問があるからだ。

 その後は、FRBが

     これ以上利上げを実施しない

ことを示す決定的な米国指標がいつ出てくるのか、あるいは最初の利下げがいつかという問題になる。

 米ドル相場が現在は高値水準にあることを忘れてはならない。今後、ユーロの対ドル相場は明らかに上昇するだろう。

 今週発表される主要な米国指標が、米ドルの下落が続くという新たな弱さを示すはずだ。

 投資家らは既に米ドルを売り持ち(ショート)にしており、このポジションを積み上げるには新たなデータが必要だ。
 向こう1年では、非常にドル相場に対してネガティブであり、景気循環的に見れば更に弱く構造的問題も前面に浮かび上がってくるだろう。

 

« 米ドル資産が多すぎる | トップページ | 輸入再開 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10303380

この記事へのトラックバック一覧です: 不透明:

« 米ドル資産が多すぎる | トップページ | 輸入再開 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ