« イングランド銀行利上げ据え置き | トップページ | 5月第2週の主なイベント »

2006.05.06

米ドルが雇用者数鈍化で売り浴びせに遭った

(為替相場雑感)

 昨夜は、米ドルが大きく売り込まれたことで主要通貨は対円で大きく売り込まれる展開が2時間程度続きほぼ1円程度ポジションを下げた。

 米国の4月雇用統計がGMT12時30分に発表され、数値が予想より悪い結果であったため6月の利上げ打ち止め観測が強まり債権が買われる動きになり通貨は大きく売られた。

 雇用統計については、大方の予想が非農業部門の雇用者数を20万人増加としていたが、ふたを開けてみると13万8000人足らずの増加で、3割も増加数が少なく景気失速か懸念されることから売りが売りを呼んだ。

 ただ、原油価格は供給不安が再び台頭して上昇基調になったため売り浴びせも2時間で納まり、揉み合いになっている。

 

 CHFなど欧州通貨は揉み合いでも売りで頭が下がっており再び売り込まれる動きになるかもしれない。
 豪ドルやNZDは反発する動きになっているが、短期線止まりで底が緩む動きに変化するかもしれない。

 
 

« イングランド銀行利上げ据え置き | トップページ | 5月第2週の主なイベント »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/9920160

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルが雇用者数鈍化で売り浴びせに遭った:

« イングランド銀行利上げ据え置き | トップページ | 5月第2週の主なイベント »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ