« 円買いの基点 | トップページ | メルトダウン »

2006.06.20

清濁併せ呑み

 福井総裁が20日午後日本記者クラブでの講演した際のアドリブが要因となり、早期の政策変更を示唆した内容と受け止め、円買いが一気に加速した動きを呼んだ。

 また、村上ファンドへの資金拠出問題に関し、就任時に投資を止めなかったとの批判はもっとも として、より慎重に判断できなかったことは深く反省する との考えを述べた。

 

全く他人事の発言であり、信頼性に乏しい。事が発覚して後に社会福祉施設の利益分を寄付するということ自体、後ろめたいものがあった感じに見られる。
 清廉潔白であれば利益が出たとしても寄付行為はこの時期に行うべきではないだろう。

 海外に受けがいいというのは、信頼性がある場合以外は組み易い相手と見られている証ではないだろうか。

 このまま福井総裁が続投することが国益になるのだろうか疑問だ。
 それにしても円高を呼ぶ軽々しい発言をしたものだ。

   

« 円買いの基点 | トップページ | メルトダウン »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10609012

この記事へのトラックバック一覧です: 清濁併せ呑み:

« 円買いの基点 | トップページ | メルトダウン »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ