« パワーバランス | トップページ | 人口増加 »

2006.06.03

雇用統計悪化

 昨夜はGMT12時30分に雇用統計が発表になると米ドルが売られ急落した。

 米ドルの下落に連動したのは加ドル、ユーロ、豪ドルといったところで、他の主要通貨は影響が少なかった。

 

米国労働省の統計発表(2日)

 5月の雇用統計

  非農業部門の雇用者数(事業所調査、季節調整済み)

     前月比 △ 7.5万人

となり、エコノミスト予想より大きく下回った。

 家計調査
  5月 失業率

    4.6%(前月 4.7%)

と改善が見られ、01年7月以来の水準になった。

 4月の雇用者数(事業所調査)
    △ 12.6万人(速報 △ 13.8万人)
 3月 △ 17.5万人(速報 △ 20万人)

と速報値から下方修正しており、4月と3月を合わせ3.7万人の下方修正となった。

 雇用統計の発表の影響で、金融市場では連邦準備制度が今月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを実施するとの観測が後退し、米国債は急伸、米ドルは下げた。

« パワーバランス | トップページ | 人口増加 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10371075

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用統計悪化:

« パワーバランス | トップページ | 人口増加 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ