« ユーロ圏拡大の動き | トップページ | プライマリーリーダー »

2006.06.06

バーナンキ議長の講演

 バーナンキFRB議長の講演(5日)

  場  所  ワシントン
  要  件  インターナショナル・マネタリー・カンファレンスでの講演

(講演概要)

 経済成長は予測されたとおり軟化している。足もと数ヵ月で米経済の3分の2を担う個人消費はエネルギー価格の上昇や住宅市場の軟化から大きく減速している。

 また、米5月雇用統計の非農業部門就労者(NFP)増加数が前月比で10万人以下に割り込んだことについても、

    米国経済の鈍化と整合性がある

と指摘した。

 低下する失業率、増加する可処分所得が

    家計における支出の足かせ

となる要因になるかもしれない。

 ただし、設備投資が堅調が持続すれば米成長率は4%を維持する見通しだ。 

(世界経済の不均衡是正)

 世界経済の不均衡是正には、7ヵ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)声明の内容を踏襲し
    米国の貯蓄率の増加
    経常黒字国における内需の拡大と為替相場の柔軟性

が必要と指摘した。
 米国経済が減速すれば、世界経済の成長を支えるために貿易パートナーは成長源として、自身の国内消費に依存しなければならない
 今後、米国が成長エンジンとして機能しづらくなる可能性を示唆した。

 また、FOMCメンバーは、金融政策での決定と経済に与える影響には時間差が生じることを考慮に入れつつ、物価安定と持続的成長の達成に努めるとの見解を繰り返した。

 

« ユーロ圏拡大の動き | トップページ | プライマリーリーダー »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10411079

この記事へのトラックバック一覧です: バーナンキ議長の講演:

« ユーロ圏拡大の動き | トップページ | プライマリーリーダー »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ