« ドーハラウンド大詰め | トップページ | カナダでも »

2006.06.17

固執

 福井総裁の村上ファンドへの資金拠出問題については、同総裁が就任後も出資したことにより公的機関や企業年金組合、外資投資ファンドによる同ファンドに出資することが組織としての決定過程に影響があれば公的地位にある者の責任として著しい問題となるのではないだろうか。

 同総裁が意図するかしないかにかかわらず出資している事実がその後の同ファンドの出資者への開示情報に利用されていれば、外見的には地位を利用した

 

    同ファンドへのサポートとなることから

 

責任が全く存在しないとはいえないだろう。

 責任がない場合を考えると、同ファンド関係者へのアドバイスが行われていない場合やや営業活動で同氏の所有情報が購入者に伝わっていない場合だけだろう。

 日本銀行は、これまで経済活動においては異常なゼロ金利政策を続けてきており、解除については、日本経済は息の長い回復が続くとの見方を示した上で解除のタイミングを見なければならないこの時期に総裁の椅子に固執する姿は見苦しい限りだ。

 


        ブログランキング

 そもそも総裁就任の決定の過程に疑問符が付いており「もともと何でこの人?」という記憶が残っているのだが...
 

« ドーハラウンド大詰め | トップページ | カナダでも »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10558728

この記事へのトラックバック一覧です: 固執:

« ドーハラウンド大詰め | トップページ | カナダでも »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ