« テポドン | トップページ | 6月第4週のイベント・要人発言等 »

2006.06.18

崩壊後

 韓国だけで軍事力的には北朝鮮を押さえることは可能だが、最も問題なのは経済封鎖等による場合も含め、北朝鮮が崩壊しすれば同国民2200万人のうち相当数流民が発生し、その保 護等の処置で中国東北部が動揺して不安定化することや、韓国にも多くの流民が入ってくることから経済的な打撃を受ける。

 これによりウォン、人民元が暴落する可能性が高い。

 

                 

 

 当然、ロシアにも流れ、また、海を渡って日本にも最大100万人程度が流れるとも言われるが、その場合の対策費用を考えると日本海側の県・市町村に掛かる費用負担は相当深刻なものとなり経済が麻痺する可能性も出てくる。

 この流れからアジア地域の通貨は売り込まれる可能性が高まる見込み。

 現状では、周辺4国にとっては崩壊せずに弱体化するのがもっともの好ましいのではないだろうか。

 

« テポドン | トップページ | 6月第4週のイベント・要人発言等 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10573239

この記事へのトラックバック一覧です: 崩壊後:

« テポドン | トップページ | 6月第4週のイベント・要人発言等 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ