« 思惑 | トップページ | 円先物は弱気 »

2006.06.23

破産

 日経金融新聞(23日付)によれば、

 英国1Qの個人破産が1万5000件を超え、前年同期比で5割増となった。

 英国の個人の借金は、1兆1900億ポンド(約240兆円)に増加し過去最高の水準に達している。  

 イングランド銀行(中央銀行 BOE)は住宅市況の沈静化も視野に入れ、03年11月から金融引締めを開始した。

 英国政策金利は、3.75%から4.5%まで上昇して高止まっている。

 英国のローンは変動金利型が主流といわれ、住宅ブームが拡大しローンなどの借り入れが膨らんでいた状態で利上げを敢行したことにより、ローンの返済負担が家計を圧迫し個人破産の増加に拍車が掛かった。

 また、破産情報が信用履歴に記録される期間が、04年の法改正により、従来の3年から1年に短縮されたことも破産申請増加の背景となっている。

 破産が増えたことで、英銀の収益源だった個人向け金融の貸し倒れが増加している。

 これが、好調だった英銀各行の収益を圧迫する要因になるとして危惧されデフォルト傾斜に注意が必要だ。

 
 
 

« 思惑 | トップページ | 円先物は弱気 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10648771

この記事へのトラックバック一覧です: 破産:

« 思惑 | トップページ | 円先物は弱気 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ