« ゲオポリスク | トップページ | インフレヘッジ »

2006.06.20

インフレ退治

 ウェーバー総裁(独連銀)の声明(19日)
      (欧州中銀(ECB)の理事会メンバー

 ECBは物価安定の維持と、一般家庭の資産がインフレにむしばまれることを避けるため、予防的かつ断固として行動しなければならない。

 インフレ率が年3%であれば、20年間で貯蓄の価値が45%低減すると指摘した。

 この理由によって、ECB理事会が常に物価安定維持のため予防的に断固として行動することが重要だ。

 ドイツ連銀が発表したデータ

   家計の金融資産(名目ベース) 
         4.26兆ユーロ(5.4兆億ドル)
             (過去最高であり対前年 △5%)

   家計の負債 1.57兆ユーロ(前年とほぼ変わらず)

 資産から負債を差し引いた額 2.69兆ユーロ(対 04年 △7%超)

 ドイツの貯蓄率は可処分所得の10.7%で、04年よりは若干高い。
               (1990年代初めに比べると▲2%ポイント)

« ゲオポリスク | トップページ | インフレヘッジ »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10602043

この記事へのトラックバック一覧です: インフレ退治:

« ゲオポリスク | トップページ | インフレヘッジ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ