« 情報価値 | トップページ | 総崩れ »

2006.06.08

警戒解除

 トリシェECB総裁の記者会見(8日)

  要  件   定例理事会後、恒例の記者会見

(発言概要)

 政策金利は未だ歴史的低水準にあり、流動性が過剰となっている。インフレについては、追加利上げの可能性を残しているが、中長期的な物価安定を支えるため、インフレに対し今後も注視していく。

 06年のインフレ見通しを引き上げたにも関わらず、5月に会見した際の強い警戒(vigilance)を有するとした表現を削除した。

 これが発表後のユーロ売りから一段安を招いたようだ。 

 本日の理事会で「さまざまなオプションを非常に深く協議した」とした上で「50bpの利上げを検討した」ことを明らかにした。

 ECBスタッフが作成した成長見通しについて06年は+1.8- 2.4%と、3月当時の+1.7-2.5%から下方変更したと発表した。
 07年も+1.3-2.3%と前回3月の+1.5-2.5%から下方修正され、 ECBが景気減速を見込むようになった様子が垣間見える。  
 06年のインフレ見通しを引き上げたことについて「原油価格の上昇」を挙げている。

 

« 情報価値 | トップページ | 総崩れ »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10443547

この記事へのトラックバック一覧です: 警戒解除:

« 情報価値 | トップページ | 総崩れ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ