« ポジティブリスト | トップページ | 今日の注目事項 »

2006.07.16

ウィルス変異

 国連食糧農業機関(FAO)アジア太平洋地域事務所の警告(16日)

 インドネシアは、鳥インフルエンザの感染者等が続出しており、感染力の強いウイルスに変異する恐れがあり

     最も警戒すべき地域

と警告した。  

 同事務所は6月に、国際獣疫事務局(OIE)と合同で東南アジア8カ国を対象に実地調査した結果、インドネシアではほぼ全土にウイルスが拡大し、感染を繰り返すことでウイルス変異が起きる危険性が高まる状態にあることが分かった。

 なお、ベトナムやタイなどが鳥インフルエンザの封じ込めに成功している中で、インドネシアでは依然として感染者や死者が増加しており終息宣言が出せていない。

 これは全土を統制出来ていないため、正確な情報の把握が困難で対策が後手に回っていることが最大の理由となっている。

 FAOとOIEは、感染機会を減らすことで、ウイルス変異の可能性を少しでも減らすことが急務と指摘している。

 

« ポジティブリスト | トップページ | 今日の注目事項 »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10967239

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルス変異:

« ポジティブリスト | トップページ | 今日の注目事項 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ