« 石油ショックまではいかない | トップページ | ポールソン新財務長官就任 »

2006.07.10

分裂思考

 トリシェ総裁(ECB)は、中銀の定例会合での利上げ幅を0.5ポイントとこれまでの0.25ポイントから拡大することを市場に確信させようとしているような発言が増えてきているみたいだ。

 7月6日にはインフレに対する強い警戒を表明してユーロを急伸させた後に、0.5ポイント利上げの雰囲気はないと発言して市場参加者の梯子を外しユーロ下落を招いた。

 ECBの講演や会議での発言の振れが大きいため、発言趣旨を読み解かなければ値動きの判断ができず、気が散ってしまい方向性が失われる傾向にある。

 ECB関係者からは0.5%利上げの必要性について、矛盾する発言が出てきている。

 

« 石油ショックまではいかない | トップページ | ポールソン新財務長官就任 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10885998

この記事へのトラックバック一覧です: 分裂思考:

« 石油ショックまではいかない | トップページ | ポールソン新財務長官就任 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ