« 分裂思考 | トップページ | アジアの外貨準備減少 »

2006.07.11

ポールソン新財務長官就任

 ポールソン新財務長官が第74代財務長官として10日就任式で挨拶を行なった。

         (CNBCなど各報道の情報
(発言概要)

 米国経済の強さが世界経済の強さと結びついていると説明し、我々は貿易と投資の拡大を働きかけ、かつ国際金融市場における改革と現代化に取り組んでいなければならず、また市場の変動にも警戒していくべきと発言した。

 なお、警戒には欧州中央銀行(ECB)がインフレ圧力に対して使用する「vigilant」を用いており、財務省と中央銀行とバックグラウンドは違いながらも、他国と協調するスタンスを表明したようだ。

 また、米経済システムと米労働者は勝者であり続けており、今後も勝利し続け経済の安定成長に寄与する意思を示した。

 特に、人民元(CNY)問題で中国を刺激するようなコメントを残さなかった。

 米国の対中赤字の不均衡の是正を目指すことが視界に入っており、人民元切り上げを狙っているように感じる。  

 

« 分裂思考 | トップページ | アジアの外貨準備減少 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10894655

この記事へのトラックバック一覧です: ポールソン新財務長官就任:

« 分裂思考 | トップページ | アジアの外貨準備減少 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ