« 債務格付け | トップページ | タイミング »

2006.07.08

思惑違い

 北朝鮮が5日朝打ち上げに失敗した長距離弾道ミサイル「テポドン2号」は照準をハワイ周辺海域に合わせていたようだ。

 これで北朝鮮の狙いが米国による金融制裁解除だったことが明確になったといえそうだ。

 一方、米国側は自国領域が狙われたことでさらに態度を硬化させるのは必死の状況で、国連安全保障理事会での経済制裁決議に向け、今後さらに国際的な圧力を強めていくことになるだろう。

 このテポドン2号は5日午前4時59分に北朝鮮北東部の舞水端里から発射され、約40秒で失速、日本海に着弾した。

 

       初めの外国為替情報を見てみる。(Heaven)

 

 イージス艦や弾道ミサイル追跡用電子偵察機「RC135S」などで収集したデータをもとに、テポドン2号の弾道を解析したところ、発射直後の弾頭の傾斜角度や到達高度などから、照準をハワイ沖に合わせていたと断定しているようだ。

 なお、ロシアは北朝鮮のミサイル発射が捕捉出来なかった模様で、ロシアが所有している3つの軍事衛星は米国を向いており、北朝鮮のミサイルは地上のレーダーのみの捕捉となり、発射を極東軍が見逃し、ユーリー・バルエフスキー参謀総長が5日(シベリヤ チタ)で発言した10発発射の件は眉唾ものだったようだ。

(北朝鮮がハワイ周辺海域を照準にした理由)

(1)米国を射程圏に拡大できていること
(2)ハワイにある米海軍太平洋艦隊司令部への示威行動
(3)ミサイル性能が悪く、アラスカ方面に向けると陸地に着弾するリスクがあり報復を恐れた

« 債務格付け | トップページ | タイミング »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10842230

この記事へのトラックバック一覧です: 思惑違い:

« 債務格付け | トップページ | タイミング »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ