« 空席埋まる | トップページ | ポジティブリスト »

2006.07.15

円の底値確認で売りが継続していく見込み

 NY外国為替市場では円が売り込まれ下落した。

 日本銀行がゼロ金利政策を解除した後も、年内いっぱい

     極めて低い金利水準

による緩和的な金融環境が当面維持される可能性が高いと表明したため、金利を現在の水準でとどめるとの観測が広がっている。

 一方、連邦準備制度と欧州中央銀行(ECB)は、一段の利上げが見込まれている。   

 市場が最も望んでいる売買を復活させることに口実を与え、円は主要16通貨すべてに対して下げた。

 日銀は14日、同日開いた金融政策決定会合でゼロ金利政策を解除し、無担保コール翌日物金利を

    0.25%前後で推移するよう促す

とした金融調節方針を全員一致で決定した。

 また、公定歩合は賛成6、反対3で0.4%に引き上げることを決めた。  

           

福井俊彦総裁の定例会見

 量的緩和政策に終止符を打ち、ゼロ金利も解消し、ステップを慎重に踏んでいるが、これは連続的な利上げを意図しているわけではない。

 今後の政策金利水準の調整は

    経済・物価情勢をよく見極め、ゆっくり進めていく

と語った。

 

« 空席埋まる | トップページ | ポジティブリスト »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10946205

この記事へのトラックバック一覧です: 円の底値確認で売りが継続していく見込み :

« 空席埋まる | トップページ | ポジティブリスト »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ