« 人民元は5%でも経済に影響がない | トップページ | 日本基準は信頼性に欠けるのか? »

2006.08.26

バーナンキ議長の発言

 バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言(25日)

    場  所  ジャクソンホール(ワイオミング州)
    要  件  年次会合での講演 
               カンザスシティ連銀主催

(講演内容)

 世界経済は「前例のない」ペースでの統合が進展しているものの、こうした世界的な経済統合への動きは、保護主義やテロリズムにより抑制される恐れもあると述べた。

  中国やインドをはじめ、旧共産圏諸国が台頭してきていることは、現在、少なくとも潜在的には地球規模でより多くの人々が世界経済に参加していることを意味する。
 国際的な緊張やテロリズムのリスクといった地政学的懸念は既に、世界経済の統合ペースを抑制しており、将来的にはその度合いが強まる恐れもある。

 

経済のクローバル化で、政策決定者が取り組むべき要素の多くが変化している。
 経済の拡大は取引可能な製品レンジの拡大につながり、また、企業が供給元を世界的に拡大することを可能にしている技術およびコミュニケーションによって、現在の貿易の波は促進されていると述べた。

 金融システムは世界中で、貯蓄を金融市場に振り向けるという点で一段と効率的になっている。

 また、このことが、米国が01年以来毎年拡大している経常赤字をまかなう上に役立っている。

 同議長は7月の議会証言以来、米国金融政策や経済状況についての言及はなく、この講演では、今回も発言していない。



 

« 人民元は5%でも経済に影響がない | トップページ | 日本基準は信頼性に欠けるのか? »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/11609647

この記事へのトラックバック一覧です: バーナンキ議長の発言:

« 人民元は5%でも経済に影響がない | トップページ | 日本基準は信頼性に欠けるのか? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ