« ユーロ売り | トップページ | ポンドシフト »

2006.08.03

通貨多様化

王以銘・副院長の発言(2日)
   国家発展改革委員会
   マクロ経済研究院
   エコノミスト
  場  所  香港

(発言概要)

 巨額な外貨準備の構成を多様化し、米ドル相場の下落に伴うリスクを減らすべきだと指摘した。1週間前、中国国家統計局も同様な指摘を行った。

 個人的な見方であって政府の見解ではないと強調したうえで人民元の変動幅を徐々に拡大すべきとの見解も示した。
 外為改革の推進を過剰流動性を抑制する機会と捉えるべきと指摘。そのためなら中国企業の対外投資規制を緩和して、過剰資本を国外に振り向けさせることも考えられる、としている。
 人民元については、変動幅を徐々に拡大すべきとし、05年7月に実施したような切り上げは行うべきではないと述べた。

 中国国家統計局は7月下旬、ドル安進行リスクをあげて、中国が外貨準備の分散を加速すべきだ、との報告書をまとめた。
 同局には外貨準備を管理する権限はないものの、統計局の報告書を材料にドルは売られた。

« ユーロ売り | トップページ | ポンドシフト »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/11237156

この記事へのトラックバック一覧です: 通貨多様化:

« ユーロ売り | トップページ | ポンドシフト »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ