« 欧州経済好調 | トップページ | 昨夜発表の米国指標 »

2006.08.01

車需要低下

 日本自動車販売協会連合会(自販連)の発表(1日)

  7月の新車販売台数(軽自動車除く) 31万7,928台
                    (前年同月比 ▲9.1%)

となり、13カ月連続で前年実績を下回った。

 自販連によると、ガソリン価格の値上がりが昨年から続いており、乗用車の販売台数が減る一方、軽自動車への買い替えが続いたことから7月としては1974年以来の低水準になった。

 車種別
   乗用車 26万7,772台 (▲ 11.4%)
   貨物車 4万8737台 (△  5.7%)

 全国軽自動車協会連合会の発表

  7月の軽自動車の新車販売台数 17万2,397台 (△ 3.1%)

原油価格が上値を追う動きは更に強まっていく見込みであり、産業のベース部分の単価上昇が起きれば、インフレ傾向が強まり、販売需要が落ち込むのは明らかなこと。

 石油ショックに近いインフレを煽る動きになるかは為替の動き次第かもしれない日が近づくか注目していきたい。

 

« 欧州経済好調 | トップページ | 昨夜発表の米国指標 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/11189643

この記事へのトラックバック一覧です: 車需要低下:

« 欧州経済好調 | トップページ | 昨夜発表の米国指標 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ