« ポジション調整 | トップページ | 卸売物価微増 »

2006.08.15

鳥インフルエンザの感染の疑い(米国)

 米国農務省の発表(14日)

 米国にまだ上陸していない高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の監視強化策の一環として実施されているサンプル採取で、ミシガン州の野生のコブハクチョウ2羽から、弱毒型とみられる鳥インフルエンザウイルスを検出し感染が判明した。

 1次検査で、ウイルスがH5N1型である可能性が示されたため、確認検査を進めている。

 しかし、ハクチョウに病気の症状は見られず、北米では過去に弱毒のH5N1型ウイルスが野鳥から検出された例があることから、アジアなどで猛威を振るうH5N1型とは別物だと同省はみている。

 同省は今回、内務省、厚生省の当局者とともに

   騒ぎ過ぎとの反応が出る

ことを意識したため緊急記者会見を開催したようだ。

« ポジション調整 | トップページ | 卸売物価微増 »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/11451898

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザの感染の疑い(米国):

« ポジション調整 | トップページ | 卸売物価微増 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ