« キューバ | トップページ | 信用残高大幅増加 »

2006.08.07

米ドルの重点保有は異質

 財務省の発表(7日)

 7月の外貨準備高  8719億3800万ドル
          (前月 △70億6000万ドル)

となり、5か月連続で過去最高を更新した。

 米国の長期金利が低下(債券価格は上昇)し、日本政府が保有する米国債の時価評価額が増えたことが主な要因だ。

 また、保有する外国債や外貨建て預金の利子収入も、外貨準備高を押し上げている。
 ただ、主要国の保有している米ドルの外貨準備高に占める割合が低下する動きが強まり、ここ数ヶ月米ドル離れが加速している中の増加であり、異質な感じを受ける。

 

« キューバ | トップページ | 信用残高大幅増加 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/11322384

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルの重点保有は異質:

« キューバ | トップページ | 信用残高大幅増加 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ