« 7月の製造業出荷(カナダ) | トップページ | NZD債券保有で短期債券へのシフトが目立つ »

2006.09.15

米国のリセッションは08年

 謝国忠(アンディ・シエ)氏の発言(15日)    モルガン・スタンレー(MS)    アジア担当チーフエコノミスト(香港在勤)、 (発言概要)  米国経済が08年にリセッション(景気後退)入りする可能性は債券利回りが上昇するなかで非常に高く、資金調達コストの上昇が家計を圧迫する見込みであると指摘した。  債券相場はインフレ圧力の強さに照らして、維持不可能な水準となっている。  07年のある時点で、債券相場は下落し利回りが上昇するだろう。  そうなった時、米経済は苦境に立つだろう。    08年のリセッションの可能性は非常に高いようだ。  米10年債利回りは4.77%。これに対し7月の米消費者物価上昇率は前年同期比4.1%だった。  このことから非常に低い債券利回りが、米国経済を支えているとの見方を示した。  現状、債券利回り上昇を抑えているのは米連邦準備制度への信認だが、     信認だけで抑えられる力には限度がある とし、ある時点で債券トレーダーらは当局者が高インフレにもかかわらず景気刺激策を取っていると気付くだろう。  その後は債券利回りは急上昇し、米経済をリセッションに陥れることになる。   

« 7月の製造業出荷(カナダ) | トップページ | NZD債券保有で短期債券へのシフトが目立つ »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/11906891

この記事へのトラックバック一覧です: 米国のリセッションは08年:

« 7月の製造業出荷(カナダ) | トップページ | NZD債券保有で短期債券へのシフトが目立つ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ