« 中国人民元を市場の動きに委ねれるのか | トップページ | ユーロ相場上昇を牽制 »

2006.09.09

スローダウン

 ピアナルト総裁(クリーブランド連銀)の発言(8日)

   場  所  オーク・ブルック(イリノイ州)

 

(発言概要)

 高止まりするインフレは懸念材料だが、住宅市場が減速を示す中(過去17回連続の)追加利上げの効果は明らかになっ ていない。

   住宅市場の減速と利上げ効果で

経済がスローダウンする動きにあることから追加利上げの必要に迫られていないとの見方を示唆したことから、追加利上げの観測が後退し米ドルは上値を抑えられた。

 また、8月8日の米連邦公開市場委員会(FOMC)は約2年ぶりに据え置きを決定したが、「(安定的な)インフレ期待が据え 置きをサポートする一因となっている」と指摘している。

 その上で「追加的な引き上げを行なう前に、必要な情報を集めることが適当」と語り、今後の経済指標の発表を 待って金融政策を決断すべきとした。

 同氏は年内のFOMC投票メンバーで、どちらかと言えばタカ派の連銀総裁として知られている。

« 中国人民元を市場の動きに委ねれるのか | トップページ | ユーロ相場上昇を牽制 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/11816758

この記事へのトラックバック一覧です: スローダウン:

« 中国人民元を市場の動きに委ねれるのか | トップページ | ユーロ相場上昇を牽制 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ