« 米国指標でインフレ懸念が薄らいでいる | トップページ | 法人企業統計季報 »

2006.09.03

カナダ市場に資金流入は今後も続く見込み

 加ドルは今週も対米ドルで買われ上昇した。

 これは加企業に対するM&A(企業合併・買収)の動きが活発化し、通貨需要が高まった影響によるもので2週連続での上昇となっている。

 M&Aはほぼ毎週のように市場を驚かせており、ここ2週間、カナダ企業買収に関心を持っている投資家が増加してきており、株式・債券市場への流入が活発化してきており、週間ベースでの上昇率は0.4%(前週 △1.5%)となっている。

 2Q期にカナダ企業が関連したM&Aは金額ベースで2倍以上となり過去最高となった。   

« 米国指標でインフレ懸念が薄らいでいる | トップページ | 法人企業統計季報 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/11738193

この記事へのトラックバック一覧です: カナダ市場に資金流入は今後も続く見込み:

« 米国指標でインフレ懸念が薄らいでいる | トップページ | 法人企業統計季報 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ