« マッチとポンプ | トップページ | オイルマネーが英国内に滞留 »

2006.09.18

為替相場の監視

ポールソン財務長官(米国)の発言(17日)

 国際通貨基金(IMF)の改革では、為替相場の監視をIMFの主要な任務とし、貿易や投資の不均衡につながる

     不整合な

相場の動きを防ぐべきだとの考えを示した。


 

 同長官は、シンガポールで開かれたIMFの会合で

   IMFの統治機構を改革するだけ

では十分でないと指摘したうえでIMFの効率も向上させるため、IMFにとって最も基本的な任務である為替相場の監視を強化することが必要であるとの認識を持っていることを強調した。

 また、中国、韓国、メキシコ、トルコの出資比率を引き上げる案を支持するとともに、各国政府は出資比率の大規模な見直しを08年ではなく来年までに完了するよう努力すべきだとの考えを示した。

 

« マッチとポンプ | トップページ | オイルマネーが英国内に滞留 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/11940908

この記事へのトラックバック一覧です: 為替相場の監視:

« マッチとポンプ | トップページ | オイルマネーが英国内に滞留 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ