« 需給環境は良好 | トップページ | 米国 8月の貿易収支 »

2006.10.12

制裁の採決は13日か

 米国は、北朝鮮の核実験発表を受けた制裁措置について、13日までに国連安全保障理事会での採決を行いたい方針であるようだ。

 ボルトン米国連大使が12日に正式に国連安保理に提出する予定。

 これを受け、安保理では最低24時間かけて、文案を検討することになる。

 中国は、一定の制裁措置には賛成しているものの、米国が提案している文案では中国が難色を示している項目がほとんど変更されておらず、新たな修正が加えられなければ、投票が遅れる可能性もあるとみられている。

 北朝鮮の核実験の分析結果すら明らかにされておらず、制裁に関する投票が遅れることも、軍政国家で軍出身でもない国家元首が、軍の支持を失う制裁措置の発動まで権力維持が出来る保証はなく、金の切れ目が縁の切れ目で亡命先の模索が始まっているとも考えられ、全てが計算されているのではないだろうか。

 
 

« 需給環境は良好 | トップページ | 米国 8月の貿易収支 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12256320

この記事へのトラックバック一覧です: 制裁の採決は13日か:

« 需給環境は良好 | トップページ | 米国 8月の貿易収支 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ