« 損失拡大が止められない | トップページ | キシリトール »

2006.10.01

内モンゴルで鳥インフルエンザ

 新華社電(30日)のWeb版による

 中国農業省は30日、内モンゴル自治区包頭市の村で、死んだ家禽から高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたことを明らかにした。

    家禽985羽が死亡し、8990羽が処分された

 内モンゴルの鳥インフルエンザは今年7月21日、新疆ウイグル自治区で発生し、拡大を防ぐため鶏35万羽を処分している。

 同自治区では昨年11月も、H5N1型鳥インフルエンザが発生した。

 昨年5月以来、中国では38件の鳥インフルエンザが発生し、感染による死亡者数は12人に達した。

 中国人民元への影響は見られず。

 

 

« 損失拡大が止められない | トップページ | キシリトール »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12108909

この記事へのトラックバック一覧です: 内モンゴルで鳥インフルエンザ:

« 損失拡大が止められない | トップページ | キシリトール »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ