« 2回目実験の兆候 | トップページ | キックターン »

2006.10.29

インフレ管理

 スターン総裁(ミネアポリス地区連銀)が27日米国の連邦準備理事会(FRB)はここ数年、インフレ管理において「成功してきた」との見方を示した。

 ただ、これは日本の低金利政策による貸出資金が米国債権に流入したことと中国の安い労働力により生産された消費財の輸入によりインフレと同国の財政赤字を緩和させたことがより大きい影響を与えたのではないだろうか。

 

« 2回目実験の兆候 | トップページ | キックターン »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12469587

この記事へのトラックバック一覧です: インフレ管理:

« 2回目実験の兆候 | トップページ | キックターン »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ