« 住居支払いの限界点 | トップページ | 米国経済は引き続き好調 »

2006.10.04

EUへのトルコ加入は米国の利益

 ブッシュ米大統領は2日、訪米しているエルドアン・トルコ首相との会談後の共同記者会見で

  トルコの欧州連合(EU)加盟が米国の国益にかなう

と述べ、加盟を積極的に支持する立場を強調した。

 大統領はまた、双方が会談でテロとの戦いでの協力や中東の安定に向けた取り組みについて協議したと述べ、首相も対テロ戦争における対米協調の重要性を訴えた。

 EUのトルコが加入する動きはEU経済にとってプラスとなる部分は少なく、経済の阻害要因が多い。
 現状でのトルコ加入は経済での足かせになることから当然、米国としては基軸通貨としての米ドルを守る立場からユーロの力を削ぐという意図があるのではないだろうか。

 

« 住居支払いの限界点 | トップページ | 米国経済は引き続き好調 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12142454

この記事へのトラックバック一覧です: EUへのトルコ加入は米国の利益:

« 住居支払いの限界点 | トップページ | 米国経済は引き続き好調 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ