« インフレ懸念 | トップページ | 今日の重要指標等 »

2006.10.11

グリーンスパン氏の講演

 グリーンスパン前FRB議長の講演(10日)

    場  所  ウェストバージニア州

    要  件   住宅市場やインフレ見通しについて

(発言概要)

米国の住宅不振について

 おそらく最悪の局面は過ぎ去ったと言えるのではないだろうか。つまり、落ち込みの度合いは劇的に鈍化するだろう。

 経済指標すべてが低下するわけではないとの兆しが見え始めている。
 最も有効な指標は、住宅ローンの申請件数だ。

 金利はまだかなり低い。これまで起きていたのは、価格が非常に上昇したために、だれも買うことができなくなったということだ。

 インフレについて

 海外の安い労働力が物価水準を押し下げ、インフレ期待を押し下げ、そして金利を押し下げてきた主な要因だった。

 逆イールドカーブについて

 その(逆イールドカーブの)関係は、本当にかつての様相を呈しているだろうか。私はそうは思わない。これまでと同様の経緯をたどるとはみていない。

 

« インフレ懸念 | トップページ | 今日の重要指標等 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12234937

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンスパン氏の講演:

« インフレ懸念 | トップページ | 今日の重要指標等 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ