« NZ金利は利上げ予想 | トップページ | 核爆発ではないとの疑い浮上 »

2006.10.10

プール総裁発言

 プール総裁(セントルイス地区連銀)の発言
     (10日付の英フィナ ンシャル・タイムズ(FT)紙掲載)

(発言概要)

 経済を安定させるために米連邦準備理事会(FRB)ができることは

     比較的少なく

債券市場がその役割を果たせる。

 FOMCは時々、あるいはほとんどの場合において、傍観に回ってあまり多くのことをせず、最新のデータに反応する市場の安定化効果に依存する。

 われわれが全てをやらなければいけないということではない。

 同時に、FRBは市場の期待に最終的には応じなければならないかもしれないが、即刻そうするわけではない。

 FRBが当面は政策金利を据え置くという観測を裏付けるもの。

 

 住宅セクターは明らかに金利動向にとても敏感だ。自動車販売も金利に敏感で、企業の設備投資もある程度敏感だ。
 数カ月前に比べ、現在はインフレのリスクよりも成長に対するリスクの方が顕著になっている。
 インフレ圧力は若干後退したように私には見える。

 一方、先入観を持ってはならないとも述べておりFRBがすぐに連続利下げに着手することを期待しないよう、金融市場に警告したようだ。

 またプール総裁は、金融政策の見通しは「ほぼ均衡がとれた」状態だと付け加えた。
 米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。

« NZ金利は利上げ予想 | トップページ | 核爆発ではないとの疑い浮上 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12224750

この記事へのトラックバック一覧です: プール総裁発言:

« NZ金利は利上げ予想 | トップページ | 核爆発ではないとの疑い浮上 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ