« 欧州の製造業は堅調に推移している | トップページ | 明日未明までの予定 »

2006.10.02

パイの配分

 藤井秀人財務次官の定例記者会見(2日)    9月日銀短観を踏まえて  企業部門の好調さが続いており、景気回復がなされているとのこれまでの認識に沿っている。  先行きに関し、企業部門の好調さが家計部門に波及し、民間需要に支えられた回復が続くと見込まれる。  ただ、原油価格や海外経済動向の影響には引き続き留意していく必要があるとして、従来の認識を繰り返した。   来年度予算編成で再チャレンジ枠への柔軟な対応に尾身財務相が言及したことについて      きちんと対応すべく早急に勉強する と述べ、その財源に関しては、尾身財務相が新規国債発行は30兆円以下にするという不退転の決意を示していることからいわゆる     差し替え要求 での対応になり、財政再建のフレームワークは動かさない考えのようだ。     

« 欧州の製造業は堅調に推移している | トップページ | 明日未明までの予定 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12125240

この記事へのトラックバック一覧です: パイの配分:

« 欧州の製造業は堅調に推移している | トップページ | 明日未明までの予定 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ