« 利下げ | トップページ | 肩透かし »

2006.11.07

インフレ率低下

 ピアナルト総裁(クリーブランド連銀)は7日に講演を行った。

 インフレ率は低下が予想されるものの、若干のインフレリスクは依然として残ると発言した。

 インフレ懸念に対しては他地区連銀総裁と同様の発言内容を繰り返すにとどまっている。  

 一方、米経済見通しについては

  住宅部門を除けばかなり良好に推移している

とし、また住宅市場についても、完全には困難を脱出していないが、米国経済は住宅問題を乗り切るだろうとの見通しを示した。

 発言の論調としては建設業界は最悪期を出しつつあるとの印象を持たせる程度のものであり、為替への影響は少なかった。

« 利下げ | トップページ | 肩透かし »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12593954

この記事へのトラックバック一覧です: インフレ率低下:

« 利下げ | トップページ | 肩透かし »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ