« 政策金利据え置き(フィリッピン) | トップページ | インフレは安定的に推移 »

2006.11.02

定例政策委員会の声明まえ

 これからトリシェ総裁(ECB)が2日開催された定例政策委員会の声明を出すが、エコノミストの多くはすでに同総裁がいくつかのチャンネルで

     12月の再利上げ

を示唆している。
 一方、来年の金融政策については胸の内を明かさない公算が大きいと考えているようだ。

 ドイツの景気がj好調であるものの増税の計画があり、イタリアやフランスで経済の足を引っ張りそうな動きも見られることなど懸念材料もあり、来年もECBが利上げを継続するかどうかの疑問を誰もが抱いていると考えているようだ。

 来年のことを言うと鬼が笑うとも言うが、鬼が笑う経済になったら大変だ。12月の定例政策委員会には目星が付く声明が聞けるだろうから焦らない...


 

« 政策金利据え置き(フィリッピン) | トップページ | インフレは安定的に推移 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12527248

この記事へのトラックバック一覧です: 定例政策委員会の声明まえ:

« 政策金利据え置き(フィリッピン) | トップページ | インフレは安定的に推移 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ