« 人間開発報告書 | トップページ | 機械受注の結果を先に折込む動きの程度が問題 »

2006.11.10

相変わらず?

 読売新聞朝刊(10日付)で福井日銀総裁が早期利上げを示唆する発言をしていることで円が若干優勢の状態になっているものの打診買い程度の動きのように思う。

 朝刊記事によれば、福井日銀総裁は

     金利を上げないリスクをわかってもらいたい

     様々なリスクを読みながら早めに小刻みに対応する

などと述べている。

 原油価格が小安くなる動きと天然ガスが買われる動きなどエネルギー関連の相場の動向次第と言うべきであり、利上げした場合のリスクの方が大きく円買いが加速し効果は消費関連産業にとっては半減どころかマイナスになるかもしれない。
 本来であれば、年初に利上げ等を行なう必要があったのではないだろうか。時期喪失の感じだ。
 

« 人間開発報告書 | トップページ | 機械受注の結果を先に折込む動きの程度が問題 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12629184

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらず?:

« 人間開発報告書 | トップページ | 機械受注の結果を先に折込む動きの程度が問題 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ