« 中国のGDPは06年がピーク | トップページ | 欧州経済の安定成長 »

2006.11.30

大相場

 ロンドン外国為替市場では30日、英ポンドが対米ドルで上昇する動きが強くなっている。

この動きにより欧州為替相場メカニズム(ERM)から離脱した92 年9月以来の高値を付けた。

 これまでポンドは10営業日連続で上昇しており、過去約4年間で最長の上昇局面を演じている。

 イングランド銀行がインフレ抑制を目指して07年に入っても利上げを継続する一方、米連邦準備制度は利下げするとの見方が強まっているとこから金利に注目した相場展開となっている。

 投資家やアナリストの間では、ポンドの対米ドル相場が年内に、1992年9月9日以来となる1ポンド=2ドルの大台に達するとの見方が浮上している。

 

« 中国のGDPは06年がピーク | トップページ | 欧州経済の安定成長 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12881360

この記事へのトラックバック一覧です: 大相場:

« 中国のGDPは06年がピーク | トップページ | 欧州経済の安定成長 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ