« レートの変動制問題 | トップページ | 為替の柔軟性 »

2006.11.19

エネルギの問題

 フレアティ財務相(カナダ)の発言(18 日)

  場  所  メルボルン(オーストラリア)
  要  件  20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)出席
         記者会見での発言

(発言概要)

  カナダはエネルギー価格の統制やエネルギー産業の国有化を放棄した経緯 がある。

 同相はエネルギー資産への民間投資の呼び込みに成功する方 法について、同国の成功事例を強調することになろうと語った。(ロシアのガスブロムが絡んだサハリン2などの問題への牽制か)

 世界のエネルギー需要が高まるなかで、世界的な供給を確実に するための新たなエネルギー投資の必要性をG20各国が認識することになるとこ見通しを示した。                       

 一部の国営石油会社からも、投資の必要性を認識している傾向や 兆候が見受けられるとし、この問題を足掛かりとして、原油やガスの価格 形成に投資と市場がより関与を強めていくことに対する機運が生まれている と述べた。

 
         

« レートの変動制問題 | トップページ | 為替の柔軟性 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12739911

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギの問題:

« レートの変動制問題 | トップページ | 為替の柔軟性 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ