« 新興市場債券ファンドはピーク | トップページ | APECの高級事務レベル会合(SOM)開催 »

2006.11.12

中国の為替制度改革

 周小川総裁(中国人民銀行中央銀行))の発言(10日)
   フランクフルトで開催中の金融政策会合での討論会

 

 中国が国内経済へのリスクを最小限に抑えるため、為替制度改革への漸進的な取り組みを維持していると語った。

 為替レートの改革への取り組みに段階的な方法をとっているのは、中国が通商関連セクターに非常に多くの労働者を抱えているため為替政策のかなりの部分が国内労働者の失業を避けることを目的としていると語った。

 中国国内の企業の事業閉鎖や破産、労働者のレイオフが大規模に、あるいは突然起こる事態を避けなければならない。

 中国は国際収支を調整する一方で、国内経済を良好な状態に保つよう努めていると語った。

« 新興市場債券ファンドはピーク | トップページ | APECの高級事務レベル会合(SOM)開催 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12652641

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の為替制度改革:

« 新興市場債券ファンドはピーク | トップページ | APECの高級事務レベル会合(SOM)開催 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ