« 原油下落傾向は天気次第だが今のところ下落する見込み | トップページ | 市場の寡占化は不健全 »

2006.11.21

キャリートレードが衰えず

 

週末に開催された20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)の開催前には、フラ ンスや韓国から円安の行き過ぎを牽制する発言が相次いだ。

 また、G20が閉幕後の20日には渡辺博 史財務官が、

    日本経済は力強く、円がさらに値下がりする理由はない

との認識を 示すなど、
内外通貨当局からの相次ぐ円安牽制発言が出ているにもかかわらず、低金利の円を売って高い運用利回りが見込める通貨を買う

     円キャリートレード

が衰える気配を見せない。

 この主役は、日本国内の個人投資家と見られている。

 現状円が過去安値圏にある状態で円売りを手控えるプロのトレーダーや、外貨準備で安価な円への投資を控える各国中央銀行とは対照的な動きとなっている。

 この流れでユーロ/円相場を過去最高値へ押し上げ、歴史的な円安を演出しているが、英国の住宅価格が対前年比12.4%と大幅に上昇しており、景気への悪影響が見られると底値が抜けるかもしれないので、梯子を外される前に、そろそろ引き上げる準備を始めた方がよさそうだ。

« 原油下落傾向は天気次第だが今のところ下落する見込み | トップページ | 市場の寡占化は不健全 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12765604

この記事へのトラックバック一覧です: キャリートレードが衰えず:

« 原油下落傾向は天気次第だが今のところ下落する見込み | トップページ | 市場の寡占化は不健全 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ