« イギリス政界が荒れそうだ | トップページ | 周総裁の発言で米ドルが売られた »

2006.11.09

中国がWHOの事務局長に就任が決まった

 世界保健機関(WHO)の執行理事会(8日)で次期事務局長を選出する本選挙を実施した。

 五候補の中から中国が推すマーガレット・チャンWHO事務局長補(香港出身)が当選した。

 執行理事会は日本を含む34カ国の構成で、選挙は無記名の投票で実施するもので、各理事国が1票ずつを投じ、得票が最も少ない候補を排除していく方法で、最後に過半数の18票以上を獲得する当選者が現れるまで投票を繰り返すというもの。

 

鳥インフルエンザが人から人への感染となる変異が起きて蔓延するまで秒読み段階かもしれない現状では適任かもしれない。

« イギリス政界が荒れそうだ | トップページ | 周総裁の発言で米ドルが売られた »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12622045

この記事へのトラックバック一覧です: 中国がWHOの事務局長に就任が決まった:

« イギリス政界が荒れそうだ | トップページ | 周総裁の発言で米ドルが売られた »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ