« 政策金利の発表が集中する週間が始まる | トップページ | 原油減産検討 »

2006.12.04

中国の外貨準備

 シティバンク発表の「金融市場の将来展望」によると
   (同銀行 中国首席エコノミスト 黄益平氏)

 中国の外貨準備高は今後も増加を続け08年には1兆5千億ドルに達する見通しという。

 中国国内のインフレ圧力が金融政策により次第に緩和され、中国人民銀行(中央銀行)が利率を調整する可能性は当面

     非常に低い

とシティバンクは予想しているようだ。

 また、資本項目アカウントの開放を慎重に進め、人民元高を推進することも提案している。

 中国政府は最近、一連の緊縮政策をしているが、中国経済は成長率10%を維持する可能性がある。

 投資は依然、経済成長のリーダーであり、国内消費は徐々に改善され、高額貿易による利潤と外貨準備高は増加を続けると指摘している。

 WTOへの全面加入に伴い、人民元価値は着実に上昇し、金融市場において深い部分から変化が生じるだろうと続けた。

 

 

 ただ、中国政府はアフリカ、南米など全方位的な資源開発・確保等の積極的な外交を推進しており、外貨準備資金がシフトする可能性が高いこともあり、原油・天然ガス・鉄鉱石などへの投資が大きくなれば為替相場への影響が強く出ることも考えられ注視する必要がありそうだ。

 

« 政策金利の発表が集中する週間が始まる | トップページ | 原油減産検討 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12926527

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の外貨準備:

« 政策金利の発表が集中する週間が始まる | トップページ | 原油減産検討 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ