« | トップページ | 為替相場の不均衡が議題 »

2006.12.12

FF金利据え置きの予想だが...

 米国の連邦公開市場委員会(FOMC)は12日に会合を開催し13日の午前4時15分頃に、政策金利である

    フェデラルファンド(FF)金利を5.25%

に据え置くとの決定をするとの予想が大勢を占めている。

 

 その後の声明では、雇用拡大と所得増を背景に、景気減速はインフレリスクを後退させるには至っていないとの認識をあらためて示す見通しだ。

 FOMCは景気の弱さが「若干、広がり始めている」ことを認める可能性があるものの、11月の米雇用統計(8日発表)では雇用者数の伸びが事前予想を上回り、当局の懸念を裏付けていることから前回FOMCの声明で「幾分のインフレリスクが残る」とした最終段落には変更がないと予想される。

 

« | トップページ | 為替相場の不均衡が議題 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13043985

この記事へのトラックバック一覧です: FF金利据え置きの予想だが...:

« | トップページ | 為替相場の不均衡が議題 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ