« 中国では反政府抗議行動や暴動の増加が最大の不安定要因 | トップページ | 日本の利上げ時期は後退か... »

2006.12.09

強いドルは国益

 日銀筋のリークとして12月利上げの可能性を否定した時事通信の報道で、一斉に円ロングを投げた動きで米ドルは急伸した。

 ポールソン財務長官(米国)は、CNBCとのインタビューで

    強いドルは国益

と発言したが、怒涛のドル買い戻しで急伸した直後のことで、為替市場は特に反応する動きは見られなかった。

  同氏は、人民元問題について

    世界はいつまでも中国の姿勢に忍耐強くいられない

とも発言した。

 

 安価な中国製品の輸出により、世界的にインフレ要因が相殺されている事実があるものの同氏は

     保護主義の台頭を招くリスク

があると懸念を表明し、各国の雇用問題に関する懸念からの影響を意識しているようだ。
 これは米国議会向けのアプローチの一環かもしれない。

 
 
 

« 中国では反政府抗議行動や暴動の増加が最大の不安定要因 | トップページ | 日本の利上げ時期は後退か... »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12991459

この記事へのトラックバック一覧です: 強いドルは国益:

« 中国では反政府抗議行動や暴動の増加が最大の不安定要因 | トップページ | 日本の利上げ時期は後退か... »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ