« NZDの取引価格の流れ | トップページ | 加ドルの取引価格の流れ »

2006.12.24

米ドルの取引価格の流れ

 米ドルは週足で見た場合、昨年12月5日に年間最高値121円37銭を付けた後、売り込まれ114円ボトム、119円トップとしたボックス相場が続いています。

 その間に一時的に売りが加速しライン割れを起こし5月15日に安値108円97銭まで下落しています。

 月足で見た場合は、ボリン上下線は収束する動きになっており、上向きの短期移動平均線は水平方向の動きに変化しておりボトム115円と119円の間を揉み合いう動きになっています。

 目先、長期のトップラインは下向きになっており、現状としてはラインに頭を押さえられた状態に見えます。
 ラインを突破すれば130円近くまで上昇する可能性はありますが、強力な支援材料が必要なため無理な状況だと思います。
 トップを押さえられると110円割れまで目先売り込まれる可能性の方が高いようですが115円付近にある上向きの長期線を割り込んだ場合の話し。

 

« NZDの取引価格の流れ | トップページ | 加ドルの取引価格の流れ »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13179476

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルの取引価格の流れ:

« NZDの取引価格の流れ | トップページ | 加ドルの取引価格の流れ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ