« 宗教戦争の様相 | トップページ | ECBの12月の月報 »

2006.12.14

原油追加減産は先送りの可能性も

 ダウコル議長(OPEC)の発言(13日)

    場  所  アブジャ (ナイジェリア)

 現行の生産枠を維持し、追加減産については次回会合まで先送りする可能性があるとの見解を示した。

同議長は前日、
    在庫があまりにも高水準にあるため、減産でおおむね合意していると述べていた。

 OPECは今回の総会で、先月開始した減産に続き、価格押し上げを狙った追加減産の是非を決定をする可能性が高いと予想されている。

 同議長はこの日、1月まで先送りを求める一部代表と同意見かどうか質問に対し、

    伝統的には一度には緩やかな手段をとり、市場の反応を見極める

ため、十分頻繁に会合を開くというものだ。これが過去2年間のやり方だと語った。

« 宗教戦争の様相 | トップページ | ECBの12月の月報 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13063472

この記事へのトラックバック一覧です: 原油追加減産は先送りの可能性も:

« 宗教戦争の様相 | トップページ | ECBの12月の月報 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ