« 加ドルの取引価格の流れ | トップページ | 価格交渉権の主導 »

2006.12.24

欧州通貨の取引価格の流れ

 ユーロ、GBP、CHFを月足で見た場合は、水平方向の揉み合いから上値を追う動きに流れが変化して加速しているようです。その為ボリン上下線は上向きに拡大し上線に沿って上昇する動きが明確に見られます。

 

 過去、98年10月1日のユーロ高値163円05銭、同年8月1日のGBP高値240円89銭、98年10月1日のCHF高値100円61銭があり、長期的には目指す動きが出てくるかもしれません。

 目先、週足を見ると高値圏になって上値を追う動きのため調整売りが出やすい環境になりそうですが、踏み上げの騙し売りが出易く、底値のポジション変動を大きく取るため数段下げを形成する可能性もあり判断が難しくなりそうです。

 

« 加ドルの取引価格の流れ | トップページ | 価格交渉権の主導 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13179599

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州通貨の取引価格の流れ:

« 加ドルの取引価格の流れ | トップページ | 価格交渉権の主導 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ