« 公約履行には貿易紛争に訴える!! | トップページ | 国債相場は反発 (米国) »

2006.12.12

単一通貨で保有するのは賢明ではない

 外国為替市場では米ドルが対ユーロで下落している。

 

グリーンスパン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長

   

すべての資産を単一通貨で保有するのは賢明ではない

とのテルアビブで開催される会合で、衛星を通じて講演した際の発言を受け

   対ユーロ

ではこの 1週間で最大の値下がりとなった。

 グリーンスパン前議長は経常赤字が縮小するまでは、米ドルの値下がりが続くとの見方を示した。

 欧州中央銀行(ECB)の方が連邦公開市場委員会(FOMC)よりも利上げに積極的だとの見方を背景に、年初来の米ドルは対ユーロで10.5%値下がりした。

 年間ベースでのドルはこの4年間のうち3年で下落傾向を示している。

 

« 公約履行には貿易紛争に訴える!! | トップページ | 国債相場は反発 (米国) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13038398

この記事へのトラックバック一覧です: 単一通貨で保有するのは賢明ではない:

« 公約履行には貿易紛争に訴える!! | トップページ | 国債相場は反発 (米国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ