« 人民元高は望ましいものでない | トップページ | 賃金の大幅上昇が必要(ドイツ) »

2006.12.22

テヘランの選挙

(イラン国営テレビが21日、内務省の最終結果を引用して報道)

 イランの首都テヘランで先週末に行われた市評議会選では、アハマディネジャド大統領の反対勢力が

     過半数議席

を獲得しており、同大統領のライバル、カリバフ現市長派の候補者が、定数15議席のうち8議席を占め、ハタミ前政権での閣僚3候補を含む改革派も4議席を確保した。

 大統領支持派は大統領の妹のパルビン・アハマディネジャド氏を含む2議席にとどまっており、残り1議席は独立系が獲得した。

 テヘラン市評議会は今回の選挙以前にはカリバフ現市長支持派とアハマディネジャド大統領の支持派に2分されていたことから、大統領の勢力が弱まっている動きが見られ、イラン核問題の流れが変わるかもしれない。

 
 
 

« 人民元高は望ましいものでない | トップページ | 賃金の大幅上昇が必要(ドイツ) »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13157366

この記事へのトラックバック一覧です: テヘランの選挙:

« 人民元高は望ましいものでない | トップページ | 賃金の大幅上昇が必要(ドイツ) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ