« 国民の豊かさの国際比較 | トップページ | 中国の外貨準備 »

2006.12.03

政策金利の発表が集中する週間が始まる

 今週は政策金利の発表が相次ぎ、 5日(火)にカナダ、6日(水)オーストラリア、7日(木)ニュージーランド、イギリス、南アフリカ、ECBと続く流れで計6カ国・地域で色とりどりになりそうです。

 週末金曜日は、先週引けに掛けて売り込まれ114円台を示現した米ドルが、米国雇用統計の発表で締めくくることになり下げ足を加速する流れが止まるかに注目したい。

 OPEC総会開催までに原油価格の流れが上向くようであれば減産しない可能性もあり、市場がどう判断するのか楽しみな1週間になりそうだ。

 

« 国民の豊かさの国際比較 | トップページ | 中国の外貨準備 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12921537

この記事へのトラックバック一覧です: 政策金利の発表が集中する週間が始まる:

« 国民の豊かさの国際比較 | トップページ | 中国の外貨準備 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ