« インフレ目標は有益 | トップページ | 国民の豊かさの国際比較 »

2006.12.02

景気の先行きに自信満々

 モスコー総裁(シカゴ連銀)とのプロッサー総裁(フィラデルフィア連銀)の講演(1日)があり、両氏ともに

     景気の先行きに自信

を示すとともに、物価の高止まりに懸念を表明した。

 市場ではERBが来年半ばまでに利下げに転じるとの観測が広がっているが、当局者の間では物価上昇への警戒感がなお強いことが浮き彫りになった。

 モスコー総裁

 住宅市場の低迷に触れながらも、個人消費や設備投資が底堅さを維持しており、実質経済成長率は7―9月期の2.2%から徐々に改善している。

 来年以降は3%程度といわれる潜在成長率に近い水準に回復するとの見通しを示した。

 物価の上昇率がまだ高すぎると指摘した。

 追加的な金融引き締めがある程度必要になるかもしれないと語り、物価動向次第では利上げ再開の可能性も残るとの判断を示した。

 

« インフレ目標は有益 | トップページ | 国民の豊かさの国際比較 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12905209

この記事へのトラックバック一覧です: 景気の先行きに自信満々:

« インフレ目標は有益 | トップページ | 国民の豊かさの国際比較 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ