« ブラジル中央銀行利下げ | トップページ | 走行距離減少 »

2006.12.01

牽制発言は目立たず

 ユーロの大幅な上昇の動きが続いているが、欧州の財務相などからの牽制発言が目立たない。

 通貨高を容認する姿勢には経済環境の好転と市場規模の拡大の影響があるのかもしれない。
 こうした動きというか静観姿勢に驚いた市場関係者の間では、インフレ抑制や米ドルと並ぶ基軸通貨に向けた戦略など、ユーロ圏の政策当局者の意図をめぐる観測が盛んに見られる。

 

« ブラジル中央銀行利下げ | トップページ | 走行距離減少 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12894489

この記事へのトラックバック一覧です: 牽制発言は目立たず:

« ブラジル中央銀行利下げ | トップページ | 走行距離減少 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ